香祖全本 作者:不问苍生问鬼神

  第1章 闻香识人
    “李柃,你竟然敢偷藏私房钱,给老娘把洗脚水喝了,从今以后只准睡猪圈!”
    “我没有,不要……不要啊!咕噜噜……”
    “啊!”
    李柃猛的从睡梦中惊醒,不免怅然若失,好一阵才缓过神。
    “还好,还好,梦是反的。”
    李柃穿越之后,重生在玄洲玄辛国为民,因制香有方,结合自己两世为人的阅历,比寻常之人多出几分勤勉明智,竟逐渐出头,一朝炼出信灵香,被封香道大师,还受仙师赏识,许配以其血脉后裔进行拉拢。
    自此之后,成为玄辛国驸马,倒也称得上是个体面老爷了。
    念想间,枕边人微动,温香软玉依偎过来:“夫君,怎这么早就醒了?”
    李柃转头看去,一名端方秀丽的古典美女睡眼朦胧看着自己,鬓发微乱间,别有几分风情,正是他的妻子,玄辛国九公主慕青丝。
    李柃伸手理了理她额前的发丝,歉然道:“我自幼觉浅,倒是惊扰你了。”
    九公主闻言,略微清醒过来,温婉一笑:“夫妻本是一体,说什么惊扰,但修仙问道的机缘终究是灵根所定,你切莫慕道心切,胡乱尝试,反把自己身体都弄垮了。”
    她是懂李柃的,这段时日以来,李柃沉迷修仙难以自拔,但却始终求之不得,这怕才是寤寐思服的原因。
    李柃道:“不必担心,我自有分寸。”
    九公主道:“我知你生有宿慧,心向大道,不是个肯安生在凡俗过的,但与其自己胡乱琢磨,还不如盼着老祖早成元婴,念你助道有功,淬炼凡骨,就算今生无望,百年过后也可重来一遭,那才是正途哩。”
    李柃笑叹:“晓得了。”
    抱着闲话一阵,李柃往窗户方向看去,竟已有些蒙白。
    他和九公主睡在足有丈许来宽的金平脱紫檀象牙床内,罗帐放下,自成一统,比寻常百姓家的房间都还大上几分,夫妻盖的红绫被外,是个略低一阶的榻板,两个容貌俏丽的通房丫鬟分左右而坐,整夜都在那里守候主人安寝,再往下才是出了大床,隐约可见妆台,柜架,帘幔,灯具一应俱全。
    春寒料峭,虽然有壁炉烧得通旺,终归还是被窝里面来得舒服,李柃又再躺了一阵,才以莫大毅力爬起,安抚娇妻道:“我去坊里看看,你若无事就再多睡一会。”
    九公主面色微红,嗔道:“夫君莫要小觑人,我好歹也是个炼气的,朝采日精,暮炼月华,修持功课哪样不是正经事?”
    话虽如此,慵懒嘟哝几声,依旧闭目贪眠。
    李柃暗笑,嘱咐通房丫鬟道:“公主是属咸鱼的,等下日头出来了,记要给她翻翻身,不要只一面煳了。”
    丫鬟们知他谐趣,憋笑应是,惹来公主一声娇哼。
    出来之后,外间另有奴婢伺候穿衣洗漱,然后往外走去。
    随嫁阉宦充任管家,日常都有至少一人当值,果然早已等候在外,探问道:“驸马爷,车已备好,现在就去香坊吗,要不然先用过膳再去?”
    李柃道:“今日有事要办,我在香坊随便吃些糕点应付就行,先走吧。”
    ……
    得得蹄声中,马车驶入城中一个挂着李氏香坊牌匾的地方,正是李柃今生家里的产业,自己一手创立的营生。
    李柃下了马车,环顾四周,见工人们都已忙碌开来,脑海中不禁浮现出这二十多年的经历。
    他这一世以穿越重生开局,假托宿慧而求营生,亲手把玄辛国南境的破落寒门扶植成为富甲一方的大贾,靠的就是记忆之中那些香方。
    也不知是何缘由,前世地球只作等闲的古典香方竟然和此世的道蕴暗合,冥冥之中勾动天机,竟让李柃窥见一丝登仙的奇缘。
    因自己需要靠山和引路人,干脆主动用它交易,换来好一场泼天的富贵,只是灵根有缺,仙道无凭,想要趁机修炼上进,终究还是痴心妄想。
    “灵根,灵根,好一个灵根啊!”
    “莫不成仙道早有前定,灵根资质就限制死了一切修炼上进的门路,管教你聪慧愚氓,善恶美丑,都只灵根俱全才是天道所钟?那样还叫什么修炼,还叫什么逆天改命?”
    “我不信这天地浩荡,众生平等,给我这般灵智聪慧,偏还要叫那所谓灵根碍着。”
    略微收拾心情,李柃越过长廊,径直入了后院一个古朴清幽的石室。
    此间深藏坊内,却设得通透明亮,墙壁四角竟似有气机流转,法阵禁制布于其上,这是隐藏在闹市之中的仙家手段,可见仙师关切,看护得紧。
    墙边环立高柜,如同医堂药架,分格存放不同性味之物,抽屉把手边贴着端正小楷书就的标签,整整齐齐,尽是各种香料。
    李柃先以香灯供甲子,丙子,戊子,庚子,壬子五神牌位,又从架上取降真郁金沉香速香各五钱,蕾香八钱,革本甘松白芷陵零各一两六钱,大黄香附玄参各二钱,开始合香。
    香之为用从上古矣,所以奉神明,可以达蠲洁。
    自古以来,凡民燔柴烧香,祭祀祈祷,莫不以香为引,及至后来,发展出烧艾熏香诸法,有驱虫,辟邪,安神,疗养,烹饪之功效。
    世人喜香而厌臭,从文人骚客,到闺中女子,再到贩夫走卒,莫不各有其用,是一种高洁而有品味的雅习,逐渐融入日常生活,化为香道。
    但前世地球毕竟没有显法,李柃自幼家学渊源,以制香为业,也在现代工业的冲击之下飘摇不定,还是意外重生在此世之后才重拾老本,真正潜心钻研。
    香道博广,李家世传乃是本土古方,尤其擅长制作道教典仪所用的信灵香。
    万历续道藏,明朱权所编的《天皇至道太清玉册》有载:
    甲子日攒香品,丙子日碾,戊子日和於一处,庚子日丸成,供於天坛之上,壬子日装入葫芦挂起,至甲日焚一丸,以祀天,其后不许常用,凡遇有急祷之事,焚之,可以通神明之德。如出行在路,或遇恶人之难,或在江湖遭风浪之险,危急之中,无火所焚,将香於口内嚼碎,向上喷之,以免其厄。
    这原是信之则灵,不信则无的东西,李柃最初将其在此世制出,也只是为了补贴家用,却不料后来发现有裨益阴魂,增长修为之功效。
    李柃自己惊愕之余,生出几分慕道之心,想要借此旁门捷径修炼一番。
    结果数年下来,凡世富贵和诸般享受挣了个十足,心心念的仙道前程却仍渺茫。
    投效的仙师也无计可施,只说灵根有缺,仙道无凭。
    约莫小半个时辰之后,李柃若有所思的从石室出来,闻到一股酒香。
    抬头看去,果见一名邋遢道人坐在庭中,举着葫芦喝酒,忙上前见礼:“祝师兄,不想你竟已来了。”
    邋遢道人正喝得满脸酡红,闻言咧嘴而笑,对他说道:“李柃啊,我又来取香了,本月的供奉备好了没有?”
    李柃道:“都已备好,师兄带去便是,小弟另有体己奉上。”
    旋即转身入室,从墙内暗格取出一大一小两个锦盒,出来交给邋遢道人。
    邋遢道人满意点头,嘴上却道:“真不知你年纪轻轻,哪里学来这些花头,老道本无心,都被你教坏了。”
    李柃道:“祝师兄言重了,略表心意而已。”
    邋遢道人道:“如今老祖晋升在即,保证供奉质量才是正经,万万不可因我所托坏了大事。”
    李柃道:“祝师兄有所不知,供奉老祖一人,我还算是游刃有余,等老祖晋升,传下法咒之后,更可助我开设学堂,广收门徒,保这营生绰绰有余,那时候信灵香的产量就提上去了,我等近水楼台先得月,哪还有缺用的道理?”
    邋遢道人道:“是这个理,不过你小子向来市侩得紧,说吧,又想要些什么修士之物?这三年多来,我可是没少被你缠磨,老底都快掏空了。天材地宝或可助你制香,但各方自用皆紧,哪够给你开销,真要有心,还是等老祖晋升之后再说。若是求些凡俗花卉香木之流,也早有玄辛国主助你开设商行,广收四方材料,这等事件他顶用多了。”
    李柃道:“师兄误会我了,天材地宝珍稀难得,之前又试过了无用,哪里敢再妄想,左右不过想求些不入流的法器丹符来研究研究而已。”
    邋遢道人眼睛瞪大:“嘿,你口气倒大,不入流亦非凡品,当真以为随手可得?罢,罢,谁叫老道我拿人手短,少不得又给你差遣,到处求人置换。”
    李柃喜道:“那就有劳祝师兄。”
    邋遢道人摆手道:“先莫谢我,谅你也是个心高的,常见之物早摆弄过,都看不上眼了,一时半刻,还真未必能寻到合意的。”
    李柃道:“师兄只管去寻,有心就好。”
    邋遢道人闷了一口酒,摆摆手,转身就走。
    李柃笑着送他离开,一阵之后回转过来,仍是回到石室,整理自己做的笔记和各类香料。
    不知不觉,时间就到了晌午,李柃在院中凉亭看书,突然闻到一股桂香袭来,温馨醉人,笑笑道:“青丝,你来了?”
    回转过头,果然是自己娇妻九公主。
    九公主让丫鬟们躲在后面,自己蹑手蹑脚的接近,似乎想要趁李柃不备蒙他眼睛,却不料一下被李柃识破,不由失笑:“夫君怎么知道是我?”
    李柃道:“我有闻香识人的本领,你人未至,香先袭来,这股味儿我熟着哩。”
    九公主恍然大悟道:“差点忘了,夫君是个属狗的,鼻子灵光得紧。”
    李柃并未妄言,他此世生来的确魂异,拥有着不同寻常之人的奇特才能,辨识气味。
    但连九公主都不清楚的是,这和鼻子无关,乃是一种能够在脑海之中观想气味,使得香质具现的天赋异禀。
    常人嗅味,只得模糊概念,笼统归纳为似兰,似麝,似椒,似桂诸品,或又有浓淡之分,再往深处,即为玄妙。
    正所谓听之不闻其声,视之不见其形,希夷是也。
    所以这实际上是一种超越物质微粒,可称通幽的感知异能。
    李柃对现代制香业和化学知识了解不深,也不懂那些数学公式,香比强值之类的概念,但却明白,现代工业制香之法讲究分子结构,尝试用分形数学和化学制备的方法解释调香,合香,实际上是一种非常先进的概念。
    如若能够掌握所有变量,一切制香之法都能手到擒来。
    但这又的确是个混沌的体系,虽然从物理学常识来看,香味的发散总体遵循着热力学中的气体分子动理论,但是人类对它的了解才刚刚起步,现有的仪器也不足以完全捕捉其轨迹,进行全息式模拟,因此制香,调香,鉴香,仍然非常依赖天赋和经验。
    这些东西,大抵就和中式菜谱上面的“一勺”,“适量”,“少许”,“酌情添加”差不多,要靠自行品悟,临场发挥。
    李柃至今已知,自己的确可以准确分辨气味的质感,而人有其味,与内分泌系统,汗腺排泄息息相关,关联生理和心理活动。
    相人从不用眼看,闻闻气味就知善恶美丑绝非虚言,正所谓,与善人居,如入芝兰之室,与不善人居,如入鲍鱼之肆。
    虽然从客观而言,香臭本是一体,但给人的感观不同,也与浓烈程度有关,所以激动,忧愤,愤怒诸般情绪之下,各人散发气味的浓淡程度大相径庭。
    本质偏于外向,奔放,炽烈,主动被李柃归为阳性之属,气味如麝,狐,多与动物相关;
    内向,柔顺,恬淡,被动则被归为阴性之属,气味如兰,桂,多与植物相关;
    凶残暴虐,恶意泄露,有腐尸,血腥之臭;
    性洁品高,心发善意,则为兰竹清雅,草木芬芳。
    九公主整个人闻起来都香香的,那必定是好的无疑,这是他身为制香大师的逻辑。
第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章 第9章 第10章 第11章 第12章 第13章 第14章 第15章 第16章 第17章 第18章 第19章 第20章 第21章 第22章 第23章 第24章 第25章 第26章 第27章 第28章 第29章 第30章 第31章 第32章 第33章 第34章 第35章 第36章 第37章 第38章 第39章 第40章 第41章 第42章 第43章 第44章 第45章 第46章 第47章 第48章 第49章 第50章 第51章 第52章 第53章 第54章 第55章 第56章 第57章 第58章 第59章 第60章 第61章 第62章 第63章 第64章 第65章 第66章 第67章 第68章 第69章 第70章 第71章 第72章 第73章 第74章 第75章 第76章 第77章 第78章 第79章 第80章 第81章 第82章 第83章 第84章 第85章 第86章 第87章 第88章 第89章 第90章 第91章 第92章 第93章 第94章 第95章 第96章 第97章 第98章 第99章 第100章 第101章 第102章 第103章 第104章 第105章 第106章 第107章 第108章 第109章 第110章 第111章 第112章 第113章 第114章 第115章 第116章 第117章 第118章 第119章 第120章 第121章 第122章 第123章 第124章 第125章 第126章 第127章 第128章 第129章 第130章 第131章 第132章 第133章 第134章 第135章 第136章 第137章 第138章 第139章 第140章 第141章 第142章 第143章 第144章 第145章 第146章 第147章 第148章 第149章 第150章 第151章 第152章 第153章 第154章 第155章 第156章 第157章 第158章 第159章 第160章 第161章 第162章 第163章 第164章 第165章 第166章 第167章 第168章 第169章 第170章 第171章 第172章 第173章 第174章 第175章 第176章 第177章 第178章 第179章 第180章 第181章 第182章 第183章 第184章 第185章 第186章 第187章 第188章 第189章 第190章 第191章 第192章 第193章 第194章 第195章 第196章 第197章 第198章 第199章 第200章 第201章 第202章 第203章 第204章 第205章 第206章 第207章 第208章 第209章 第210章 第211章 第212章 第213章 第214章 第215章 第216章 第217章 第218章 第219章 第220章 第221章 第222章 第223章 第224章 第225章 第226章 第227章 第228章 第229章 第230章 第231章 第232章 第233章 第234章 第235章 第236章 第237章 第238章 第239章 第240章 第241章 第242章 第243章 第244章 第245章 第246章 第247章 第248章 第249章 第250章 第251章 第252章 第253章 第254章 第255章 第256章 第257章 第258章 第259章 第260章 第261章 第262章 第263章 第264章 第265章 第266章 第267章 第268章 第269章 第270章 第271章 第272章 第273章 第274章 第275章 第276章 第277章 第278章 第279章 第280章 第281章 第282章 第283章 第284章 第285章 第286章 第287章 第288章 第289章 第290章 第291章 第292章 第293章 第294章 第295章 第296章 第297章 第298章 第299章 第300章 第301章 第302章 第303章 第304章 第305章 第306章 第307章 第308章 第309章 第310章 第311章 第312章 第313章 第314章 第315章 第316章 第317章 第318章 第319章 第320章 第321章 第322章 第323章 第324章 第325章 第326章 第327章 第328章 第329章 第330章 第331章 第332章 第333章 第334章 第335章 第336章 第337章 第338章 第339章 第340章 第341章 第342章 第343章 第344章 第345章 第346章 第347章 第348章 第349章 第350章 第351章 第352章 第353章 第354章 第355章 第356章 第357章 第358章 第359章 第360章 第361章 第362章 第363章 第364章 第365章 第366章 第367章 第368章 第369章 第370章 第371章 第372章 第373章 第374章 第375章 第376章 第377章 第378章 第379章 第380章 第381章 第382章 第383章 第384章 第385章 第386章 第387章 第388章 第389章 第390章 第391章 第392章 第393章 第394章 第395章 第396章 第397章 第398章 第399章 第400章 第401章 第402章 第403章 第404章 第405章 第406章 第407章 第408章 第409章 第410章 第411章 第412章 第413章 第414章 第415章 第416章 第417章 第418章 第419章 第420章 第421章 第422章 第423章 第424章 第425章 第426章 第427章 第428章 第429章 第430章 第431章 第432章 第433章 第434章 第435章 第436章 第437章 第438章 第439章 第440章 第441章 第442章 第443章 第444章 第445章 第446章 第447章 第448章 第449章 第450章 第451章 第452章 第453章 第454章 第455章 第456章 第457章 第458章 第459章 第460章 第461章 第462章 第463章 第464章 第465章 第466章 第467章 第468章 第469章 第470章 第471章 第472章 第473章 第474章 第475章 第476章 第477章 第478章 第479章 第480章 第481章 第482章 第483章 第484章 第485章 第486章 第487章 第488章 第489章 第490章 第491章 第492章 第493章 第494章 第495章 第496章 第497章 第498章 第499章 第500章 第501章 第502章 第503章 第504章 第505章 第506章 第507章 第508章 第509章 第510章 第511章 第512章 第513章 第514章 第515章 第516章 第517章 第518章 第519章 第520章 第521章 第522章 第523章 第524章 第525章 第526章 第527章 第528章 第529章 第530章 第531章 第532章 第533章 第534章 第535章 第536章 第537章 第538章 第539章 第540章 第541章 第542章 第543章 第544章 第545章 第546章 第547章 第548章 第549章 第550章 第551章 第552章 第553章 第554章 第555章 第556章 第557章 第558章 第559章 第560章 第561章 第562章 第563章 第564章 第565章 第566章 第567章 第568章 第569章 第570章 第571章 第572章 第573章 第574章 第575章 第576章 第577章 第578章 第579章 第580章 第581章 第582章 第583章 第584章 第585章 第586章 第587章 第588章 第589章 第590章 第591章 第592章 第593章 第594章 第595章 第596章 第597章 第598章 第599章 第600章 第601章 第602章 第603章 第604章 第605章 第606章 第607章 第608章 第609章 第610章 第611章 第612章 第613章 第614章 第615章 第616章 第617章 第618章 第619章 第620章 第621章 第622章 第623章 第624章 第625章 第626章 第627章 第628章 第629章 第630章 第631章 第632章 第633章 第634章 第635章 第636章 第637章 第638章 第639章 第640章 第641章 第642章 第643章 第644章 第645章 第646章 第647章 第648章 第649章 第650章 第651章 第652章 第653章 第654章 第655章 第656章 第657章 第658章 第659章 第660章 第661章 第662章 第663章 第664章 第665章 第666章 第667章 第668章 第669章 第670章 第671章 第672章 第673章 第674章 第675章 第676章 第677章 第678章 第679章 第680章 第681章 第682章 第683章 第684章 第685章 第686章 第687章 第688章 第689章 第690章 第691章 第692章 第693章 第694章 第695章 第696章 第697章 第698章 第699章 第700章 第701章 第702章 第703章 第704章 第705章 第706章 第707章 第708章 第709章 第710章 第711章 第712章 第713章 第714章 第715章 第716章 第717章 第718章 第719章 第720章 第721章 第722章 第723章 第724章 第725章 第726章 第727章 第728章 第729章 第730章 第731章 第732章 第733章 第734章 第735章 第736章 第737章 第738章 第739章 第740章 第741章 第742章 第743章 第744章 第745章 第746章 第747章 第748章 第749章 第750章 第751章 第752章 第753章 第754章 第755章 第756章 第757章 第758章 第759章 第760章 第761章 第762章 第763章 第764章 第765章 第766章 第767章 第768章 第769章 第770章 第771章 第772章 第773章 第774章 第775章 第776章 第777章 第778章 第779章 第780章 第781章 第782章 第783章 第784章 第785章 第786章 第787章 第788章 第789章 第790章 第791章 第792章 第793章 第794章 第795章 第796章 第797章 第798章 第799章 第800章 第801章 第802章 第803章 第804章 第805章 第806章 第807章 第808章 第809章 第810章 第811章 第812章 第813章 第814章 第815章 第816章 第817章 第818章 第819章 第820章 第821章 第822章 第823章 第824章 第825章 第826章 第827章 第828章 第829章 第830章 第831章 第832章 第833章 第834章 第835章 第836章 第837章 第838章 第839章 第840章 第841章 第842章 第843章 第844章 第845章 第846章 第847章 第848章 第849章 第850章 第851章 第852章 第853章 第854章 第855章 第856章 第857章 第858章 第859章 第860章 第861章 第862章 第863章 第864章 第865章 第866章 第867章 第868章 第869章 第870章 第871章 第872章 第873章 第874章 第875章 第876章 第877章 第878章 第879章 第880章 第881章 第882章 第883章 第884章 第885章 第886章 第887章 第888章 第889章 第890章 第891章 第892章 第893章 第894章 第895章 第896章 第897章 第898章 第899章 第900章 第901章 第902章 第903章 第904章 第905章 第906章 第907章 第908章 第909章 第910章 第911章 第912章 第913章 第914章 第915章 第916章 第917章 第918章 第919章 第920章 第921章 第922章 第923章 第924章 第925章 第926章 第927章 第928章 第929章 第930章 第931章 第932章 第933章 第934章 第935章 第936章 第937章 第938章 第939章 第940章 第941章 第942章 第943章 第944章 第945章 第946章 第947章 第948章 第949章 第950章 第951章 第952章 第953章 第954章 第955章 第956章 第957章 第958章 第959章 第960章 第961章 第962章 第963章 第964章 第965章 第966章 第967章 第968章 第969章 第970章 第971章 第972章 第973章 第974章 第975章 第976章 第977章 第978章 第979章 第980章 第981章 第982章 第983章 第984章 第985章 第986章 第987章 第988章 第989章 第990章 第991章 第992章 第993章 第994章 第995章 第996章 第997章 第998章 第999章 第1000章 第1001章 第1002章 第1003章 第1004章 第1005章 第1006章
标签: 香祖 全本

网友点评

已有0条点评 我要点评

◎欢迎参与讨论,请在这里发表您的看法、交流您的观点。